FEATURE

1980s – GRAMICCI was established –グラミチ誕生の物語。その裏には・・・。

クライマーから絶大な信頼を得る〈グラミチ〉はいかにして誕生したのか。 そこにはハリウッドで映画化されても不思議ではない、創業者マイク・グラハムの物語があった。

1980s – GRAMICCI was established –

STORY 01

「ちっぽけなガレージから生まれたアイデア。」

ひとたび穿けば病みつきになり、手放せなくなるといわれ た〈グラミチ〉誕生の物語は数あるアウトドア・ブランドの なかでも味わい深いひとつだ。

ストーンマスター ── その名の通り、ロッククライミン グのスペシャリストとして聖地、ヨセミテ国立公園で名を馳 せたマイク・グラハムが立ち上げた〈グラミチ〉はこれまでのクライミングパンツに飽き足らず、彼がカリフォルニアの 小さなガレージでつくりあげたパンツがそのルーツだ。

180 度の開脚を可能としたガセットクロッチ、片手で調整できるウェビングベルト&イージーウェスト。〈グラミチ〉 が創造した意匠は無数のフォロワーを生み、クライミングパ ンツのスタンダードになるのだが、ここでひとつの疑問が浮 かぶ。〈グラミチ〉はなぜ、そんなパンツをつくることができたのか。とびきりのクライマーだったとしても形にするに は別の才が必要である。

1980s – GRAMICCI was established –

STORY 02

「〈グラミチ〉の担い手は〈パタゴニア〉の創始者であるイヴォン・シュイナードと交流があった。」

大して広くもない業界だ。 彼らが出会って、意気投合する確率は決して低くはない。
シュイナードは彼の手先の器用なことを知って自社製品の 製作を依頼、この注文に応えているうち、〈グラミチ〉のガレー ジはみるみるアトリエとしての機能を充実させていった。〈グラミチ〉には自らのアイデアを具現する環境があったのだ。
山をこよなく愛する男ならここで膝をはたと打っただろう。お察しのとおり、ウェビングベルトはバックパックのハーネス用バックルがヒントになっている。

©GRAMICCI