FEATURE

TALECUT SWEAT心地よく、デイリーで着られるスウェットシャツ。

TALECUT SWEAT

「ブランド誕生の地、ヨセミテの澄んだ空気や穏やかな時間。」

『GRAMICCI』のバックグラウンドには、クライミングカルチャーがある。『GRAMICCI』のアイテムにはそれらと一体となれる最高のひとときを、うまくサポートしてくれる機能性を持つ。もちろんどのアイテムも、フィールドを街に移しても”イージー&カンファタブル”な着心地は変わらない。なかでも"TALECUT SWEAT"は、リラックスして過ごしたい休日にこそオススメ。90年代のアーカイブに残るデザインを現代風にリバイバルした、今季で6シーズン目となる人気アイテム。顔料で製品染めしたことで、着こむほどにほどよい褪せ感や風合いが出て、馴染みよくこなれた印象で着こなせる。また袖付けはアメリカンなイメージを感じる、ラグラン仕様。肩まわりが動きやすく、ゆったり着られるのが魅力だ。肩肘張らずにお洒落したい休日カジュアルにふさわしい。まさに"心地よく着られる"スウェットシャツといえる。

TALECUT SWEAT

「柔らかい手触りが魅力のコットン100%製。」

着用と洗いを繰り返すことで生地が馴染み、ヴィンテージのような味わいが現れるのもポイント。肘から手首にかけてはクライミングがルーツのブランドらしく、ツイル素材の肘当てを装備。裾はカットオフ仕立てのラウンドテール仕様。往年のスウェットシャツにありがちな腰まわりの窮屈さを解消して、気心地の良さを追求した。袖裾に刺繍したブランドのアイコン "ランニングマン"がアクセント。

TALECUT SWEAT

「90年代のアメリカの雰囲気を表現すべく、ややオーバーサイズに設計したのもこだわりのひとつ。」

『GRAMICCI』 NN-PANTSのような細身シルエットのパンツと相性がよく、スタイリングにメリハリが生れすっきりした着こなしが叶う。また、ラウンドテール仕様の裾だから、重ね着で美しいレイヤリングを楽しむことも可能。秋口や春先は1枚で、冬はインナーとして重ね着で。長いシーズンで活躍してくれる実用性の高さもポイント。

©GRAMICCI